『プラチナゲームズの稲葉氏がスタジオが年間1本ペースでソフトを作れるかはわからないが、ファンのための新しいゲームを作りたいとしている記事』が掲載中。