神谷「我々がやる気満々だったとしてもードンテンニ様が”うん”と言わない」